長時間履いても疲れない幅広パンプスでお洒落度アップの通販|マーレマーレ online store 神戸発信!おしゃれで足にもお財布にも優しい靴でおなじみの「maRe maRe(マーレマーレ)」のオンラインストアです。

マーレマーレオンラインストア:ホーム

靴の通販 mare mare online store > 靴コラム > 長時間履いても疲れない幅広パンプスでお洒落度アップ

上手なパンプスの選び方

デザインが気に入って買った靴を履いてお出掛けしたものの、途中で足が痛くなってしまって大変な思いをしたことがある人もいるでしょう。それは靴のサイズが合っていないことが考えられます。靴のサイズを知るためには、足長とワイズを知ることが大切です。足のサイズを測るときには、靴下やタイツなどを履き、その靴を履くときと同じ状態にして測ります。まず、かかとから一番長い指の先までの長さを足長と言います。一般的に23cmや24cmと表記されているものです。 ワイズは足の内側と外側の一番広い部分を一周して測るので、骨が出ている部分になる人がほとんどです。メジャーで測るか、もしなければひもなどを一周させて、物差しで測ると正しいワイズが分かります。ワイズの表示方法はアルファベットのEからEE、EEEとEの数が増えるごとに幅広パンプスということになります。逆にDやCが記載されていたら、標準のEよりも狭いタイプということになりますが、日本人の場合はこのタイプの方は少ないです。現在ではネット通販ですてきなデザインの靴を購入することができますが、足長だけでなくワイズも分かると靴選びに失敗することはありません。 外反母趾で靴選びに苦労している人も多いですが、これは土踏まずのアーチが崩れ負担がかっていることが原因の一つです。親指の関節を圧迫してしまうことは外反母趾を悪化させてしまいます。しかし、大きめの靴はかかとがパカパカと歩く度に外れてしまったり、靴の中で前に移動してしまったりして、足に負担をかけてしまいます。こういった状況を防ぐためには寸法を正確に測って自分の足に合ったサイズの靴を購入すべきです。EEやEEEは幅広パンプスという名称で販売されていることが多いので、幅広パンプスで検索してみると探しやすいでしょう。

つま先の形によって相性の良いデザインがある

日本人の足は幅広、甲高の人が多いため、幅広パンプスを選ぶ人も多いですが、足のつま先の形は大きく分けると三つのタイプに分かれます。親指が一番長いエジプト型、人さし指が一番長いギリシャ型、そして足の指の長さがほぼ同じのスクエア型で、どのタイプなのかによって相性の良い靴のデザインがあります。 エジプト型タイプの方におすすめなのは、ラウンドトゥパンプスです。つま先が緩やかな曲線を描き丸みのあるデザインで、左右均等なのでバランスをうまく取ることができます。どんなシーンでも使えるのでとても重宝するデザインです。 ギリシャ型タイプの方は、つま先にゆとりのあるデザインを選ばないと、人さし指が曲がったまま固まってしまい足に負担がかかってしまうので、つま先の長さがあるものを選んだ方が良いです。ポインテッドトゥパンプスと言われる、トゥの先が長くとがっているデザインなら人さし指があたることなく、ストレスを感じにくくなります。 スクエア型のタイプの方は、ギリシャ型の方とは全く反対で、先のとがったタイプのものを選んでしまうと、指全体を圧迫してしまうので避けた方が良いです。スクエアトゥパンプスと言われる、つま先が横一直線になっているようなデザインが指を圧迫しないのでおすすめです。また、オブリークトゥパンプスと言われる、親指の先を頂点にして小指に向かって斜めのラインを描いているデザインもぴったりです。オブリークトゥパンプスは、ハッキリと斜めのラインになっているのではなく、一見ラウンドトゥパンプスと変わらないように見えるので、つま先の部分をよく見て購入する必要があります。

たくさんの画像で確認しましょう

最近では、足のトラブルを抱えた人が多いので、幅広パンプスを販売しているサイトがたくさんあります。どこで購入したら良いのか迷ってしまいがちですが、一つの商品に対してたくさんの画像で確認できるサイトの方が安心です。デザインが気に入って購入しても、歩くと痛い靴は結局履かずに靴箱に入ったままになってしまいます。靴選びで失敗しないためにも、納得のいくまでさまざまな面から検討しましょう。 まずは、つま先の形、横から見たデザイン、ヒールが細いタイプなのか太いタイプなのかなどをしっかり画像で確認します。インソールや底の部分まで確認できれば、より一層自分に合った靴を選ぶことができます。たいていの場合、一つのデザインで数色の色展開をしていることが多いですが、色は言葉だけでは伝わりにくいので、全ての色を画像で確認できるサイトの方が失敗することはありません。 画像以外に、デザインについての詳細情報もチェックが必要です。なぜなら画像では確認できない部分もあるからです。素材などは画像で見ると光の加減などによって、実際のものと違いが出てしまうこともあります。また、どのようなシーンに向いているのかなどの販売店のコメントも参考になります。さらに天然素材などが理由で色落ちしやすいなどの注意点も伝えてくれるサイトの場合は、信頼できると言えます。