初心者がヒールのある靴を購入する前に注意するべきポイントの通販|マーレマーレ online store 神戸発信!おしゃれで足にもお財布にも優しい靴でおなじみの「maRe maRe(マーレマーレ)」のオンラインストアです。

マーレマーレオンラインストア:ホーム

靴の通販 mare mare online store > 靴コラム > 初心者がヒールのある靴を購入する前に注意するべきポイント

足を痛めないための靴選び

仕事やおしゃれをしたいときなどに女性がヒールがある靴を履く機会は何かと多いものですが、代表的な悩みとして足の痛みが挙げられます。この痛みの原因の一つとして、自分に合っていない靴を使っている場合があります。靴全般に言えることですが、自分の足に合っていない物は、無意識のうちに無駄な力を使ってしまうことになります。サイズの合っていない靴は疲れやすいですし、靴ずれなど、足に大きな負担をかけてしまいます。 まず、靴全般に言えることですが、靴で重要なのは自分の足に馴染むかどうかです。それらを判断するポイントは、主に3つあります。1つ目は、自分の足の形から決める方法です。人の足の形は大きく分けてギリシャ型、エジプト型、スクエア型の3つに分けられます。それぞれ足の親指が他の指よりも長かったり全ての指が同じ長さであったりなど特徴が違っているため、自分の形を知っておくと靴を決める際に役立ちます。またヒールの場合、サイズのみを参考に選ぶという人は少なくありませんが、サイズは足先からかかとまでの縦の長さであり、横の長さであるワイズも重要となりますので参考にしましょう。 2つ目は、シャンクの確認です。シャンクは靴の中に埋め込まれている金具のことで、足の支えになる部品です。そのため、この部品がしっかりしていないと、足が痛くなってしまいます。品質の良いパンプスであればシャンク部分が硬く、ねじれるようなこともありません。また、足先を曲げてつま先立ちのような状態になるため、足を踏み込んだときの足先の曲がりやすさも重要になります。足先の部分が3分の1程度曲がるものであれば、比較的歩きやすいので足を痛めにくいです。さらに、足の側面部分のカウンターと呼ばれる部位は足を支える役割があるため、硬めであることが理想的です。 最後にヒールの高さですが、基本的に3センチから5センチが適しています。この高さが高ければ高いほど足にかかる負担は大きくなっていくため、初心者は低いものから挑戦してみることをおすすめします。

正しく歩いてシェイプアップ

ヒールがある靴を履くためには、正しい歩き方を知っておく必要があります。普通の靴と比べて安定感がないものも多いため、そのまま歩いていると足に負担がかかってしまいます。特に初心者の場合は、靴ずれや足たこの原因となることが多いため、正しく歩くことは重要です。また、正しい歩き方を知っておくと、足を地面につけたときのかかとや付け根の痛みが軽減される他、姿勢も意識することになるため、凛とした印象になります。意識すべきことは、歩くときの姿勢です。頭が上から引っ張られるような感じで、背筋を出来るだけ伸ばして顎を引きます。体幹がしっかりしていると体も安定するので、歩く姿も美しく見えます。かかとから地面につくと足に大きく負担がかかり、足を痛めてしまう恐れがあります。そのため、つま先とかかとが同時に着地する様に意識して歩きます。頭の中でつま先から地面に足をつけるようなイメージをしながら歩くと、つま先とかかとを同時に着地するように歩きやすいです。 また、ヒールがある靴はつま先立ちに近い状態になるため、自分に適した靴を選び、正しく歩くことで下半身のシェイプアップ効果を期待することができます。特に踏み出す際に足を曲げてしまわないように注意しましょう。足を真っ直ぐにして歩くことで、一部分のみが鍛えられてしまうのではなく、足全体を均等に鍛えられます。背筋を伸ばしていても、踏み込んだときの重心が前に倒れてしまってはお尻の筋肉をうまく使えません。お腹に力を入れて、お尻を引き締めた状態で歩くとお尻の筋肉を使い綺麗な下半身のラインを手に入れられます。初心者のうちは、信号待ちなどの立ち止まった状態から初めてみると良いでしょう。

初心者におすすめのハイヒールの形

有名なピンヒールを始めとして、チャンキーやフラットなど、ヒール自体にも多くの種類があります。初心者の場合は、最初からピンヒールのように高さがあるだけでなく細く安定感がない靴を履くのではなく、安定感がありヒールの高さが低いタイプで慣れてから履くようにしましょう。慣れない靴は自分の足に適していても歩くだけでも大変なので、正しい歩き方で歩けず、結果として足を痛めてしまう可能性があります。 初心者にとって一番履きやすいのは、名前のとおり平らなフラットヒールでしょう。フラットパンプスによく使用されているように、ヒールの高さがあまりないものが多いので、地面に足をつけるときに安定感があります。 脚長効果を求めるのであれば、チャンキーヒールがおすすめです。ヒールはデザインによって高さはありますが、直径が2センチから7センチと太くしっかりしているので、ぐらつきにくく足を挫くなどの心配が少ないです。また、使用されている靴の種類が多く、パンプス以外にもブーツに使用されることがあります。 自分の足に適してはいないがどうしても履きたい靴の場合には、対処法としてかかとにパッドを入れたり中敷きを敷く方法があります。地面に足をつけたときの衝撃を和らげてくれたり靴ずれを防いでくれたりします。特に初心者の場合は、地面につけたときの衝撃でかかとが痛くなりやすいので、たくさん歩く場合にもおすすめです。