失敗しないパーティ用のパンプス選びの通販|マーレマーレ online store 神戸発信!おしゃれで足にもお財布にも優しい靴でおなじみの「maRe maRe(マーレマーレ)」のオンラインストアです。

マーレマーレオンラインストア:ホーム

靴の通販 mare mare online store > 靴コラム > 失敗しないパーティ用のパンプス選び

意外と知らないパンプスのこと

靴にはいろいろな種類があり、場面によって使い分けされます。マナーに反した靴にしてしまうと、自分が恥をかいてしまうことになりかねません。せっかく招待してくれたのに、ホストに迷惑をかけてしまう場合も出てきます。結婚式に呼ばれた時も、靴選びは大切です。種類としてはパンプスを選ぶことが一般的です。他のヒールと何が違うのか、失敗しないためにもどのようなものを選ぶべきなのか考える必要があります。 パンプスとヒールの違いは、かかとの高さにあります。ヒールと呼ばれる靴は、かかとが6cm以上あるものとされており、もっと低いものはパンプスです。ハイヒールはさらに高いものと考えれば分かりやすいでしょう。パンプスはかかとが低いものですが、高さのないフラットな靴ではありません。ほとんど違いがないと思う人もいるでしょうが、足元が目立つドレスを着た時には、その差は大きく生じます。 パンプスの本来の意味は、靴の甲が大きく開いたものという意味でした。つま先が隠れていることが条件で、ストッキングを履くことが前提で作られています。パンプスは靴の形状のこと、ヒールはかかとの高さのことだという条件が分かると、ローヒールと呼ばれている靴との違いも分かるのではないでしょうか。 パンプスは形がはっきりと決められていますが、ヒールにはかかとの高さしか決まりがありません。結婚式などのパーティ用として考えると、ローヒールであることが適正で、形としてはパンプスが良いということです。デザインとしてもできるだけ露出を避けたもので、カジュアルに感じられないものが当てはまります。パンプスですので、靴下ではなくストッキングを着用するようにし、素足で履くようなことはマナー違反となります。フォーマルな場なので、色はベージュが基本です。黒の靴だから黒のストッキングを履きたいという場合はタイツのようなデニールの多いものは避け、全身が黒にならないようにコーディネートしましょう。

マナー違反にならないように

パーティ用パンプスがあることには理由があります。実はNGとされる靴があるからです。オープントゥは妻が先立つというジンクスがあると考える人もいますので、避けます。他にもヒールのないぺったんこなソールもNGです。例外は妊娠している時で、転倒の危険性があるのでマナー違反にはなりません。ヒールの高さは3cm程度が基本です。太さのあるものはカジュアルな印象につながるため、フォーマルな場ではふさわしくないという考えもあります。 冬場になると、日常的にブーツを履く人も多いでしょう。つま先も出ていませんし、ヒールの高さも抑えたものがあります。しかし、ブーツ自体がカジュアルなものとされているため、結婚式のパーティ用としても不適合です。ブーツはパーティだけではなく、冠婚葬祭用としては避けるようにしましょう。 素材も大切で、エキゾチックレザーを使ったものやアニマル柄もふさわしくありません。パーティ用にはどんな靴がいいのだろうかと迷った時には、専用のパンプスで見つけるといいでしょう。思わぬ失敗もなくなり、恥もかきませんし、主催の方に迷惑をかけることも少なくなります。

パーティ用パンプスの選び方

パーティ用パンプスも、実際にいろいろな種類があります。迷ってしまうこともあるほどですが、履きやすさが大切なポイントです。ある程度の時間は、つらくても脱ぐことはできません。立っている時間も長くなるため、フィットしなければ苦痛になってしまいます。ヒールも3cm程度とはいえ、慣れていないと苦痛になる場合もあります。購入の際に履き心地を重視しておけば、負担は軽くなるでしょう。 パンプス選びの際には、自分の靴のサイズを正確に把握することが必要です。足の形を理解していないと、どうしても合わない靴を選んでしまいます。これが失敗の元になるため、シューフィッターが在籍しているようなところで測ってもらい、自分の足の形を把握するようにしましょう。 ネットショップで購入をする際は適正に試着すれば返品や交換をすることが可能なショップを選びましょう。歩くという大事な部分も忘れてはいけません。ドレスを着た時には、歩き方もきれいに見せたいところです。ところが、履きなれていない上に歩く時に負担がかかるデザインだと、転んでしまうことも出てきます。怪我につながってしまうため、デザインより歩いてみた時の感触を重視しましょう。 色も大切なポイントです。基本的にいけないとされている色はありません。好きな色を選べるというのは、逆に難しいところも出てきます。バッグに色を合わせるのも方法ですし、ストールの色に合わせてもいいでしょう。配色はバランスも含め、難しい部分があります。実際に鏡で見て、色の相性を考えてみるといいでしょう。違和感があるなら、その色は避けるべきです。足元はどうしても注目されやすくなりますので、色は失敗しないように選ぶ必要があります。 パーティ用のものを履く時は、普段よりも大事な場面になる場合が多いです。大切な場面になれば、あとから悔やんでも間に合いません。足元にも負担がかからないようにして、間違いがないものをしっかりと選びましょう。