冬用靴に向いている素材とはの通販|マーレマーレ online store 神戸発信!おしゃれで足にもお財布にも優しい靴でおなじみの「maRe maRe(マーレマーレ)」のオンラインストアです。

マーレマーレオンラインストア:ホーム

靴の通販 mare mare online store > 靴コラム > 冬用靴に向いている素材とは

触り心地抜群の起毛皮革

冬は、寒さから見た目にも暖かい靴が販売されます。素材によって各特徴が異なり、使用前に知っておくと良いものもありますので、しっかりと確認しておくことが重要です。

・冬の定番素材スエード

  1. スエードという名前は、スウェーデンで生まれた技術を使った手袋がフランスで流行したことが由来
  2. もともとは子羊の皮が用いられていたが、今では子牛の皮が主流
  3. 独特な風合いや温かみのある質感は、なめした革の内側をやすりやサンドペーパーなどを用いて起毛させている
  4. 起毛しているので汚れが奥の方まで入りにくく、また丈夫でもあるため悪路や悪天候に強いという特徴がある
  5. 起毛が寝てしまい、スエード本来の風合いが失われてしまうため、皮革製品の手入れに使うようなクリームの使用は不可
  6. スエードの中でも特に毛足の長いものをベロアと呼ぶ

・革の表側を使ったヌバック

  1. 見た目はスエードと似ているが、違いは子牛や山羊の皮の表側を起毛させている
  2. スエードより毛足が短かめで光沢があり、冬の靴や鞄などの素材として人気
  3. もともとは鹿などの皮を用いていたことから、牡鹿を意味するbuckという単語を使いヌバックと呼ばれている
  4. 現在では使用される動物の種類は関係なく、ヌバックというと革の表側に起毛加工を施したものを指す
  5. 長く愛用することで、エイジングと呼ばれる経年変化を楽しむことができるのが特徴

・丈夫で柔らかいバックスキン

  1. バックは英語でbuckと綴り、牡鹿の意味
  2. 日本では後ろや裏という意味のbackと混同されて、皮革の裏側を使用したスエードの一種のように勘違いしている人も多い
  3. キズが多くサンドペーパーで起毛仕上げにすることもあるが、起毛の有無に関わらず牡鹿のなめし革をバックスキンと呼ぶ
  4. 軽くて丈夫なため、衣料品全般によく使用される
  5. 通気性もよく蒸れにくいという特徴から、秋冬の靴の素材として人気

天然繊維を使用した素材

暖かさを選ぶのであれば、天然繊維を使用した靴がおすすめです。しかしながら、昔と違い現在は合成繊維でできているものもあります。

・高級感あふれるツイード

  1. スコットランド発祥のツイードは、羊の毛を用いた毛織物
  2. 羊の毛を使っているので防寒性に優れているのはもちろん、保温性も高いという特徴があり、冬用のスーツやコートなどに用いられることも多い
  3. 生地は、冬靴用の素材として使用されるほど分厚くて丈夫
  4. 起毛させていないため表面は粗っぽく、織り目がはっきりと見える
  5. 先染めした糸を何色も使って織るので、細かい模様を入れることができるのが特徴

・保温効果が高いコーデュロイは人気の冬靴素材

  1. 日本ではコール天とも呼ばれているパイル織物の一種
  2. ベッチンと同じく綿をビロード織しているが、ベッチンは横織、コーデュロイは縦織という違いがある
  3. 特徴的な縦うねを持ち、ファッションアイテム以外では黒板消しなどに使われている
  4. 保温力が高い理由は、コーデュロイと肌の間に温かい空気の層ができ、その空気が外に逃げにくいため
  5. うねの広さをウェール幅といい、1インチにあるうねの数で表す
  6. ウェール幅が広い方がカジュアルなイメージになり、狭い方がフォーマルな印象を与える

・ブーツでおなじみのムートン

  1. ブーツの素材として人気の高いムートンとは、羊の毛皮のこと
  2. 羊の毛皮をなめして染色したもので、肌触りが柔らかくブーツだけでなくスリッパや寝具などの素材としても人気
  3. 天然のムートンは暖かく、保温効果が高い
  4. 汗などの湿気を吸収し、その吸収した湿気を外に逃がすという性質がある
  5. 温度や湿度の変化に適応する力が高く、一年中快適に過ごすことができるため、冬以外にも使用することもある
  6. ムートンは、火がついても表面が焦げる程度で、燃え広がりにくいという特性がある

機能性の高い素材

地域によっては、雪で起毛や天然繊維を履いてしまうとお手入れが大変というところもあるでしょう。また、価格が手頃であったり、人工のため手に入りやすいものを希望している人にもピッタリの素材があります。

・扱いやすい合成皮革

  1. 合成皮革とはナイロンやポリエステル製の布の上に、ポリウレタンなどの合成樹脂でコーティングしたものを指す
  2. コーティングしているため、柔軟性には乏しい
  3. 水をはじくので汚れがつきにくく、キズに耐性があるのが特徴
  4. 手入れも楽で、靴や鞄など多種多様なアイテムに利用されているが、ポリウレタンが劣化しやすいため寿命が短め
  5. 人工皮革よりも経済的だが、手触りや通気性は劣る
  6. 表面にスエード加工を施すこともできるため、冬靴用の素材としても人気が高い

・天然皮革を再現した人工皮革

  1. 合成皮革と似ているため混同されている場合も多く、まとめてフェイクレザーや合皮などと呼ばれることもある
  2. ポリウレタンなどの合成樹脂を塗布する合成皮革に対し、人工皮革は布に合成樹脂を染み込ませて製造する
  3. 表面にさまざまな加工を施して、起毛素材のような風合いに仕上げることも可能
  4. 一見しただけでは、天然皮革と見分けるのが難しいほど再現度の高い製品もある
  5. 丈夫で触り心地も天然皮革に近いため、合成皮革に比べるとやや値段が高い

・軽く丈夫なフリース

  1. フリースはジャケットなどのイメージが強いが、保温性の高さから冬靴の内側の素材としても使用されることがある
  2. フリースとはもともと羊一頭分のひとつながりになった羊毛という意味だったが、今では表面が羊の毛のようにモコモコと起毛した素材のことを指す
  3. 主にポリエステル繊維を使用し、フエルトのように表面を毛羽立たせている
  4. 繊維の間にたまった空気により温かく、速乾性にも優れている
  5. 通気性がある反面、防風性には劣る