キャンペーン&特集

パンプスが脱げる時の防止策を解説!原因と対策を考えてパカパカしないパンプスを選ぼう!

パンプスは足元を綺麗に見せてくれるアイテムですが、一方で脱げやすいことに悩んでいる人も多いのではないでしょうか? パンプスをパカパカしながら歩いていると、せっかくの靴や服も台無しです。

サイズが大きすぎるのが原因と知って、小さめのサイズを買ったら、今度は靴擦れが起こってしまったなんてことも。足に合わないパンプスを履き続けると、外反母趾になったり、骨盤が歪んだりする可能性もあります。

それでもやっぱり、可愛いパンプスを履きたいですよね。なぜパンプスが脱げてしまうのか、原因に合わせた対策をとることで、パンプスが脱げるのを防げます。

ここでは、パンプスが脱げる原因とその対策法を説明し、脱げないパンプスを見つけるヒントを解説します。

パンプスが脱げる原因は?

パンプスがパカパカしている

そもそも、なぜパンプスは脱げやすいのでしょうか?

パンプスは、つま先だけを覆う形をしているため、もともと脱げやすい靴であることは理解できます。実は、パンプスが脱げる原因は、形だけではないんです!

次にパンプスが脱げる原因について、詳しく説明していきますね。

パンプスのサイズが大きい

足のサイズに比べて、大きいサイズのパンプスを選んでしまうと、かかとと靴の間に隙間ができて脱げやすくなるんです。「スニーカーと同じサイズを買ったのに、なぜ?」と思うかもしれませんが、パンプスはヒールの分だけかかとが上がります。そのため、足全体がパンプス内でつま先側にずれて、かかと側に空間ができやすくなるのです!

また、縦のサイズ(足長)だけでなく、足幅や甲高もパンプスが脱げる原因になってしまいます。

パンプスの横幅や甲の高さを気にしていない人は多いかもしれませんが、横幅や甲の高さはブランドやモデルによってさまざま。そのため、同じサイズのパンプスでも、脱げやすいものもあれば、脱げにくいものもあるというわけです!

パンプスの左右の足の大きさが違う

パンプスが脱げるのが片足だけという人は、左右の足の大きさが違うことが原因かもしれません。

人間の足の大きさは、完全な左右対称ではないこともしばしば。生まれつきのこともあれば、成長期にスポーツなどで片足に負担がかかって、左右の大きさが微妙に変わることもあるんです!

パンプスと足のむくみの関係

足のむくみも、パンプスが脱げる原因です。左右の足の大きさが異なる場合に似ていますが、むくみによるパンプスの脱げやすさは、時間帯や体調で変わる点で異なるんです!

いつもはピッタリな状態でも、むくみがとれるとパンプスがパカパカと脱げてしまう場合は、むくみが原因かもしれませんね。

そもそも、むくみとは、血中の水分が染み出て足の筋肉や皮膚の細胞に水が貯まった状態なんです。通常は、ふくらはぎの筋肉がポンプの役割をして、足の血液を心臓に戻しています!

しかし、長時間立ちっぱなし・座りっぱなしなど筋肉が動かない状態が続くと、ポンプ機能がうまく働かずに血液が足に停滞してしまいます。これが、足のむくみの原因ですね。

パンプスが汗で滑っている

パンプスを素足で履くと、汗や皮脂によってパンプスが脱げる原因になります。素足で履くと、汗をかいたときにつま先側に足が滑り、かかとに隙間が生まれ、パカパカと脱げやすくなるのです!

パンプス自体に滑り止めが付いている場合もありますが、素足で直接履くと効果が薄れることも。

また、パンプスを素足で履くことで、靴に汗が染み込むため、蒸れによるにおいの原因にもなります。

こういった状況を回避するために、ストッキングや薄手のソックス、フットカバーなどを合わせることをおすすめします。フットカバーは当オンラインストアでも取り扱っています。

パンプスの脱げやすい歩き方をしている

パンプスが脱げやすいのは、歩き方が原因かもしれません。スニーカーのように、かかとから着地すると、かかとからつま先にかけて重心を移動させる必要があります。硬い素材のパンプスは、つま先に重心移動したときにかかとが脱げやすくなります。

そのため、パンプスが脱げやすいと感じたら、かかとから着地する歩き方は避けるとよいでしょう。具体的な歩き方の対策は、あとでご紹介しますね!

自分の足に合わないパンプスを履き続けるとどうなる?

脱げやすいパンプスを履き続けることで、意識していなくても脱げないようにと歩き方が変わったり、痛みの出た足をかばって歩いたりするようになります。

不自然な歩き方は、足や腰を痛める原因です。痛い足や腰をかばって、さらに身体全体の歪みに発展するかもしれません。身体が歪むと、さらに歩きにくさを感じるようになり……と悪循環に陥ってしまいます。

足に合わないパンプスを履き続けると、外反母趾など足のトラブルを引き起こす可能性も!

外反母趾とは、親指の付け根が曲がって飛び出した状態です。指とその付け根にかけて、くの字に曲がり、飛び出した部分が靴に当たって痛みを感じます。また、外反母趾が悪化すると、靴を履いていないときも痛みを感じるようになるなど、深刻な症状に発展する可能性もあるんです。

「パンプスが脱げる」の対策

「パンプスはパカパカと脱げるもの!」と、決めつけてはいけません。サイズの合ったパンプスを選び、対策をすることで、パンプスが脱げるのを防げます。

合わないパンプスを履き続けて、痛みや身体の歪みなどの症状が出る前に、対策をとることが大切です。

縦のサイズだけでなく足幅と甲高もチェック

パンプスのサイズが原因で脱げてしまうときは、足長だけではなく、足幅と甲高も確認してから購入しましょう。

足幅とは、親指の付け根から小指の付け根までの距離です。親指の付け根と、小指の付け根を一周測ったものを足囲と呼んで区別します。

足幅が狭い人が、靴幅の広いパンプスを選ぶと、脱げる原因になります。オンラインショップで靴を購入するときは、靴幅の表記を確認しましょう。

甲高は一般的に、足の長さの半分の位置で測る甲の高さです。パンプスは甲の部分が空いているため、あまり問題になりませんが、つま先部分に高さがあるパンプスは脱げやすくなります。

パンプスが脱げやすいと感じる場合は、甲高にも注目して選びましょう。

パンプスを履いたときに、履き口の部分に甲があたって痛みを感じることが多いときは、甲高が高い可能性があります。甲高が高い人は、ゆったり目のサイズを選ぶとよいでしょう。

パンプスを選ぶときは時間帯も重要

1日のうち、出勤前の朝にパンプスが脱げやすいという人は、足のむくみが原因で脱げやすくなっている可能性があります。

パンプスを選ぶときに足がむくんでいると、大きめのサイズを選んでしまうことが原因です。そのため、仕事帰りや、長時間の立ちっぱなしだったあとに購入することは、おすすめできません。

足がむくんでいるかどうかを確認したいときは、足のすねを指で5秒間押してみてください。むくんでいなければ、押して凹んだ皮膚はすぐにもとに戻ります。凹みが10秒以上戻らないときは、足がむくんでいる状態であると考えられます。

パンプスでの歩き方をマスター

パンプスを履いて歩くときは、足の裏全体で着地するとパンプスが脱げにくくなります。通常は、かかとから着地してつま先で地面を蹴りますが、この歩き方はパンプスが脱げる原因です。

つま先とかかとを同時に地面につけるように意識すると、パンプスが脱げにくくなるだけでなく、足の負担を軽減できますよ。パンプスはヒールがあるため、スニーカーと同じ歩き方をすると、かかとの負担が大きくなるんです!

パンプスのソックスやパッドで滑りにくく

汗で滑ったり、足の形に合うパンプスが見つけられなかったりする場合は、サイズや歩き方に気を付けてもパンプスが脱げる可能性があります。その場合は、ソックスやパッドを利用して、パンプスが脱げるのを防ぎましょう。

汗で滑ると感じるときは、ソックスやフットカバーを使うのがおすすめ。フットカバーは、パンプスの形に合わせたソックスの1種です。パンプスの外側からはほとんど見えないため、コーディネートに響きません。
参考商品:マーレフットカバー

ソックスはパンプスから見えてしまいますが、最近はソックス×パンプスのコーディネートも増えており、おしゃれアイテムとして扱われています。ソックスは、足とパンプスとの隙間を埋める役目も果たすため、足に合ったパンプスを見つけられないときにも重宝します。

パッドは、滑り止めの役目を果たし、パンプスを脱げにくくするアイテムです。かかとに付けるタイプや、つま先部分に付けるタイプなどさまざまな種類があるので、原因に合わせて選ぶとよいでしょう。

ストラップ・バンドのついたパンプスも有効

ソックスやパッドを使っても脱げやすい場合は、ストラップやバンドのあるパンプスを選ぶのも1つの方法です。甲の部分にストラップがあることで、足首が固定され、パンプスが脱げにくくなります。

どうしてもストラップのないタイプで、お気に入りのパンプスを履きたいときは、クリアシューズバンドを試してみるのもおすすめです

透明なバンドを足の甲につけて、パンプスが脱げるのを防げます。遠目にはバンドが見えません。取り外しが自由なため、歩いているうちに痛みが出てきたときに役立ちます。

パンプスが脱げる時の防止策まとめ

パンプスは脱げやすいものと思って、無理に履き続けていると、外反母趾になったり身体が歪んだりする原因になります。購入前には、足長だけでなく、足幅と甲高もチェックしてくださいね。

パンプスを通販で購入する機会も増えましたが、オンラインショップでは、サイズの記載がされていないこともあります。

マーレマーレオンラインストアは、靴の長さのサイズと靴幅のサイズもしっかりと記載されており、通販でも安心して足に合ったパンプスを購入できます。

パンプスが脱げやすい人におすすめの、ストラップ・ベルト付きタイプもあるので、自分に合ったパンプスを選んでみてくださいね。

close

タイプから探す

ブランドから探す

カテゴリから探す

色から探す

  • 選択なし
  • ホワイト
  • グレー
  • ブラック
  • オフホワイト
  • ブラウン
  • イエロー
  • グリーン
  • ネイビー
  • ブルー
  • パープル
  • レッド
  • ピンク
  • オレンジ
  • ゴールド
  • シルバー
  • その他

特徴から探す