足が痛くなりにくいパンプスのポイントとはの通販|マーレマーレ online store 神戸発信!おしゃれで足にもお財布にも優しい靴でおなじみの「maRe maRe(マーレマーレ)」のオンラインストアです。

マーレマーレオンラインストア:ホーム

靴の通販 mare mare online store > 靴コラム > 足が痛くなりにくいパンプスのポイントとは

痛くなりにくいパンプスには特徴があった

かわいらしいパンプスを見つけて購入し、いざ外出するときに履いてみたら、しばらくすると足が痛くて仕方がないというような経験をお持ちの人もいるでしょう。パンプスの中には履いてしばらく歩くうちに、痛くなりやすいものとそうでないものがあります。痛くなりにくい商品にはいくつかの特徴があります。購入する際にはそうした特徴を見極めたり、ポイントを押さえているかどうかチェックをしたりすることが大事です。 特長としてまず挙げられるのが、ヒールの横幅です。歩きやすさを追求するならヒールが太いデザインのものを探しましょう。もし細身のものが良ければ、左右の幅をできるだけ取っているものがおすすめです。また靴の中央部分にはシャンクと呼ばれる、私たちの体でいうところの背骨が設置されています。もしこのシャンクに十分な強度がないと、足が痛くなる原因になります。自分が持っているパンプスでシャンクの強度が気になるものがあれば、左右にねじってみましょう。それほど力を込めなくても簡単にねじれてしまうのであれば、シャンクの強度が不十分と考えられます。歩いているときに足がいろいろな方向に動いてしまうので、その分負担がかかってしまい、結果痛みの原因となってしまいます。 合わせて、パンプスの前方に重心をかけてみましょう。このとき、前側3分の1のところで曲がるものであれば、痛くなりにくいです。これには理由があり、足の指を使って正しく歩くためには前方3分の1で曲げられるかどうかがポイントになるからです。もしここがうまく曲がらないと、後ろ足を前に出すときに指先で地面を蹴りだせなくなります。

痛くなりにくいかどうかは、インソールにも注目

実際にパンプスを履いて歩いてみると、歩きやすいけれども歩いているうちに地面に着地する衝撃でかかとが痛くなることがあります。このような痛みを防ぐためには、インソール部分に着目して靴を購入すると良いでしょう。 かかとの部分に衝撃を和らげるクッション性のある素材を使用していれば、長時間履いていてもかかとが痛くなりにくいです。ヒールの高さがある靴の場合、かかとだけでなく親指の付け根部分も衝撃や負荷から痛くなりやすいので、このような素材を使用してあるものをおすすめします。 近ごろでは、より歩きやすいようにと工夫を凝らしたインソールが使われている靴も多くあります。例えば、土踏まずの部分がクッションで盛り上がっているようなものであれば、足の親指から小指の付け根にある横幅の丸みと親指の付け根からかかとまでの縦の丸みを保つことができます。人間の足には丸みが必要で、この丸みがなくなると足の裏が痛くなったり疲れやすくなったりします。他にも全身のバランスが取りにくくなり体に不調が出てくることもあります。パンプスを購入する際に、あらかじめ歩きやすいよう配慮されたインソールがついていると、これらの痛みや不調を防ぐことができます。 特に長時間歩く場合以外にも立ち仕事などにより立っている時間が多い場合にも、体の重みによって足の丸みが崩れてしまいやすいです。長時間立っているようであれば、土踏まずやかかとはもちろん、全体にクッション性のあるインソールが良いでしょう。

サポートグッズを使ってみる

いろいろと注意して慎重に購入したけれども、実際に履いてみたら痛くなってしまった、履くと痛いけれども捨てるのはもったいないという声もあるでしょう。そのような場合のために、数多くの痛くなりにくいサポートアイテムが販売されています。こちらを使って、足の痛みを少しでも軽減するという方法もあります。例えば指が痛いのであれば、着用したときにかかと部分にきちんとかかとが乗っておらず、前滑りを起こしている可能性が高いです。指が詰まった状態になって、痛みを感じています。そのような場合には、足の前半分だけに対応しているインソールがあります。多くは滑り止め機能がついているので、こちらを装着すれば前滑りによる指の痛みが軽減するでしょう。 痛いと感じる人の中には、かかとの部分が緩くなっている人もいます。もし履いたときにかかとに指が入るのであれば、それが原因かもしれません。歩いているときにかかとの部分がプカプカしてしまい、その結果、かかとと靴がこすれる形になり、いわゆる靴擦れを起こしてしまいます。またかかとがぐらぐらしていると、指に力を入れて固定しようとするので、その結果、指に痛みを感じやすくなります。そのような人のために、サイズの調整のできるかかとパッドがあります。装着して歩くと、それほど強い痛みを感じることがないでしょう。このようにできるだけ痛みを感じなくて済むように、たくさんのサポートグッズが販売されています。使わずにお気に入りのパンプスを捨てるのはもったいないと感じるのであれば、サポートグッズの活用も検討してみましょう。