キャンペーン&特集

疲れにくいパンプスを履きたいとき注意すべきこと

まずはサイズ感のチェックから

フォーマルな場から普段使いまで、パンプスは女性にとって欠かせないシューズです。

しかし中には長時間履き続けていると、足が痛くなってしまうという人もいます。

そういうシューズであると諦めている人もいるでしょうが、疲れにくいアイテムもたくさんあります。

しっかりフィットしていれば、走ることもできます。自分に合った疲れにくい靴を選ぶためには、まずサイズがマッチしているかどうかがポイントです。

基本的に縦横両方の大きさがピッタリであればあるほど、疲れずに長時間装着することができます。

もし大きすぎてしまうと、靴の中で足が滑ってしまい、指が詰まって折れ曲がった状態が続きます。これでは靴擦れが起きても無理はありません。

また、脱げやすくなるので、それを防ぐために足が力んでしまいます。

しかし、小さすぎてもきついのでその時点で不快を感じるようになります。

加えて指の曲がった状態が続くので、外反母趾の原因になりかねません。

さらに、足にタコもできやすくなります。

そこでまずは自分の足のサイズにマッチしているかどうかを検討することが大切です。

目安として、つま先と足の指の間で1センチから1.5センチ程度の余裕のあるものを選ぶのがおすすめです。

履いた段階で指がつま先にあたっているものは、少し小さすぎると思った方が良いです。

人によっては浅めのデザインがおしゃれでかわいいと思っている人もいるでしょう。

ところが浅めのものは指に力が入りやすくなる傾向も見られます。

その結果、負担がかかって疲れやすくなります。

そのため、それぞれの指を十分にカバーしているようなデザインのものをチョイスすると疲れづらくなります。

疲れやすさと素材も強い関係がある

疲れにくいパンプスを選ぶにあたって、素材も重要なポイントです。まずアッパーについてですが、こすれにくいものを選ぶのがおすすめです。

こすれやすいと痛くなってきますし、長時間装着するのが大変です。

本革などは伸び縮みするので、どのようなタイプでもある程度フレキシブルに対応できるでしょう。

しかし本革の場合、時間が経過すると伸びすぎてしまって縮まなくなります。

そうなると足のサイズに対して大きくなるので、中敷きなどを入れて調整をする必要があります。

かかとの部分はある程度硬くしっかりしたものをチョイスすることがポイントです。

もしフニャフニャしていると、脱げやすくなります。その結果、前滑りをして指が痛くなり、靴擦れも起こりやすくなります。

ある程度硬さが確保されていて、かかとをカバーしてくれるようなものを探した方が良いです。

実際に商品を触ってみる、試着してみるなどして確かめてみると失敗しません。

靴底の素材も重要です。特に前3分の1部分の素材がどうなっているかが重要です。

この部分が固すぎると前に足が動いてしまいます。ある程度柔らかいと足を蹴りだすときに指が地面にしっかりグリップできます。

そうすると歩きやすいですし、長時間履いていても疲れることは少ないです。

シャンクがどうなっているかも重要な点です。

シャンクとは靴底の真ん中に装着されている金属のことです。

この部分がしっかりしていないと、足がいろいろな方向に動いてしまって負担がかかりやすくなります。

ある程度の硬さが担保されているかどうか、ねじって確かめてみると分かります。

簡単にねじれてしまうものは品質が良いとは言えません。

商品を購入する前には試し履きがおすすめ

より確実に自分に合ったパンプスを選ぶのであれば、試し履きがおすすめです。

中には自分の靴のサイズに合っていればそれでいいと思っている人もいるでしょう。

しかし数字が一緒でもメーカーによって若干異なります。また左右で足の大きさが若干異なるケースも珍しくありません。

そのため、実際に履いてみないと、自分の足にフィットしているかどうかを判断できない可能性が高いです。

この試し履きをするにあたって、いくつか注意すべきポイントがあります。

まず人によっては左右の足の大きさが異なるケースもあります。

そのため、片方だけ履くのではなく、両方とも履いて感触はどうかを確認することが大切です。片方はピッタリでももう片方が少しきついということもありえます。

さらに、ただ履いてそれで大きさが問題ないかを確かめるだけでは不十分です。

試着をしたら、店の中を少し歩きまわってみることがおすすめです。そうすると、履いた直後には分からなかった痛みを感じるなど、気が付くこともあります。

それから帰宅する際に靴屋に立ち寄って試し履きをしてみるのもおすすめです。

女性の中には夕方ごろになると足がむくんでしまうという方も多いです。

むくんで少し足の大きくなった状態で試し履きをし、その状態でサイズ感のフィットする商品を購入すれば、たとえ足がむくんでも窮屈には感じません。

このような部分を意識することで疲れにくいパンプスを探せます。

close

タイプから探す

ブランドから探す

カテゴリから探す

色から探す

  • 選択なし
  • ホワイト
  • グレー
  • ブラック
  • オフホワイト
  • ブラウン
  • イエロー
  • グリーン
  • ネイビー
  • ブルー
  • パープル
  • レッド
  • ピンク
  • オレンジ
  • ゴールド
  • シルバー
  • その他

特徴から探す