キャンペーン&特集

バイクに乗るときにエンジニアブーツを使ってみる

足首を守るためにもエンジニアブーツはおすすめ

バイクに乗っている人の足元を見てみると、いろいろな種類のシューズを履いていることに気が付くでしょう。バイクブーツにはいくつか種類があります。

主だったところではライディングシューズやレーシングブーツ、オフロードブーツです。一方少なからずエンジニアブーツを履いてツーリングしている方がいます。エンジニアブーツはワークブーツの一種で、履き口にストラップが付属しています。

このストラップを調整することでフィット感が増すタイプのシューズです。足場の悪い環境の中でも靴ひもを踏んだり、異物をひっかけたりする心配がないのが魅力です。

こちらのシューズは、足を守ることを前提に作られていて、つま先には金属製のカップが内蔵されています。このような堅牢性の高さがライダーの間で人気です。

足首はもともと関節部分であり、強度で見ると弱い部分といえます。転倒した場合はもちろんのこと、立ちごけをしそうになった時に足首に体重がかかって捻挫や骨折になることもしばしばです。

エンジニアブーツを履いていれば、くるぶしを覆うような構造になっているので、けがの防止という観点でもメリットがあります。

転倒してしまうと、バイクが自分の足の上に倒れてくることもあるでしょう。この場合、足が深刻なけがに見舞われないようにするためには丈夫な靴が求められます。エンジニアブーツは、靴の中でもトップクラスの頑丈さを有しています。

重たいバイクが倒れてきたとしても、足をしっかり守ってくれます。ツーリングが趣味の人は、時としてオフロードなどの厳しいコースを走行することもありますが、そのような厳しい環境であればあるほど、このシューズのアドバンテージが増します。

オーダーメードのように足にフィットするエンジニアブーツ

エンジニアブーツは見た目でもわかりますが、ごつごつとした印象のブーツです。これは安全面を第一に考えられたブーツだからです。そのため、履き始めは履き心地がいいと感じられないこともあるでしょう。

しかし長く履き続けることによって、徐々に自分の足になじんできます。最終的には、まるでオーダーメードで自分の足にフィットするように作られたシューズのような感覚になります。こうした特徴から長く愛用している人が多くいます。

バイクを運転するにあたって、クラッチワークなど微妙な感覚を大事にしたいと思っている人も多くいるものです。最初のうちは自分の足になじんでいないので、滑らかな運転は難しいこともあります。

しかし長年使い続けることによって、まるで素足でコントロールしているかのような感触を実感できるようになります。また、自分の足に合わせるように、ブーツに深いしわが刻み込まれていきます。それがオンリーワンのデザインとなって、より強い愛着を感じられるようになるのです。

エンジニアブーツというとそのごつごつとした印象や武骨さから、男性の履くアイテムというイメージを持つ人もいるでしょう。しかし、女性のライダーの中でもツーリングに出掛ける際に愛用している方も、少なからず見られます。

男前のファッションを好む女性は意外と多く、そのような人の心をわしづかみにしています。マニッシュなデザインで、なかなか周辺では見られないスタイルであるところに魅力を感じる方もいます。

バイクで楽しむためにはサイズが重要

バイクの足元アイテムとして、これからエンジニアブーツを購入しようと思っているのであれば、サイズ選びが重要です。

ストラップは確かに付属していますが、スニーカーのように細かなところまで調整をするのは難しいです。もしサイズ選びをするのであれば、ジャストサイズから少々きつく感じる程度の大きさのものを選ぶのがおすすめです。

確かに最初のうちは材質が固めですからきつく感じるでしょうし、履くのにも手こずる可能性はあります。

しかし、革の繊維が履き続けることによって徐々に伸びていきます。その結果、オーダーメードのような自分の足にフィットするブーツに仕上がっていきます。大きめのサイズの場合、この革の繊維の伸びがなかなか起こりません。そのためなかなかジャストフィットの状態になりにくいのです。

もう一つバイクのお供としてエンジニアブーツを購入するのなら、捨て寸に注意しましょう。捨て寸とは一般ではあまり使われない言葉ですが、靴に足を入れた時に生じる隙間のことです。

もしこの隙間がないと、バイクのペダルを踏みこんだり蹴りだしたりする時に窮屈に感じます。これはいわゆる遊びがないために起こります。エンジニアブーツのような足首をホールドするタイプのシューズの場合、つま先とかかとの捨て寸がポイントになります。つま先は指が多少動かせるだけの遊びが必要です。一方かかとの場合は、詰まりすぎていないかどうかを試着した際にチェックしてみると良いでしょう。

長く愛用するためには使用後のお手入れも大切です。ブラシで汚れをきちんと取り除いてからブーツに合ったクリームやオイルを使ってしっかりクリーニングをすることが大切です。”

close

タイプから探す

ブランドから探す

カテゴリから探す

色から探す

  • 選択なし
  • ホワイト
  • グレー
  • ブラック
  • オフホワイト
  • ブラウン
  • イエロー
  • グリーン
  • ネイビー
  • ブルー
  • パープル
  • レッド
  • ピンク
  • オレンジ
  • ゴールド
  • シルバー
  • その他

特徴から探す