キャンペーン&特集

購入前に知っておきたいムートンブーツ情報

ムートンブーツを選ぶ際の比較ポイント

防寒性やファッションアイテムとしても高い機能を備えているムートンブーツですが、その種類は需要と共に増え、さまざまなメーカーから多種多様なものが販売されています。

その中から、好みで選ぶことも方法の一つですが、より良いものを見つけるためにもポイントを抑えた選択は重要になります。

まず、比較ポイントとして重要なのは性能と見た目です。防寒性能は丈が長い方が覆われている面が多い分、高くなります。

ファッション面においてはロングだとインパクトが強く、ショートはいろいろな服にコーディネートしやすいなど特徴が分かれているので、自身のファッションスタイルに合わせて選択しましょう。

ムートンブーツの種類には、リアルムートンとフェイクムートンがあります。フェイクは合成革やフェイクファーで構成されており、手間や予算をあまり掛けたくない方におすすめです。

リアルムートンとは違い、丸洗いできる点も魅力の一つです。ただ、性能の面はリアルムートンの方が保温性、通気性などが優れています。

サイズを選ぶ際はぴったり合うものかそれより少し小さいぐらいが良いとされます。小さいと最初の内は窮屈に感じますが、履いていくにつれ、足になじんでいくのでちょうどいいサイズ感となります。

コーディネートしやすい色としてはキャメルといったカジュアルな印象が強いものや、グレーのようなクールな印象のものが人気があります。また、いろいろなファッションに合わせやすいブラックも人気が高い傾向にあります。

ムートンブーツを履く適切なタイミングと保管方法

寒い季節に履く印象の強いムートンブーツですが、履く時期について明確な決まりはなく、どの時期から履いても問題ないとされています。

これは、もともとムートンブーツはサーファーが海から上がって来た際に冷えた足を温めるために使用されていたものであり、特定の時期に履くといった決まりがないためです。しかし、決まりがないとはいえ、一般的な目安は存在します。

一般的には11月の寒さを感じ始める時期に履き始めることが多いです。しかし、早いと9月頃から履く人もいます。

これは、地域によって気温が低いところがあることや、良質な素材を使っているブーツであれば、通気性が良く蒸れることがないため、9月から着用しても問題ないことが関係しています。

ただ、通気性が良いといってもあまりに気温が高すぎると暑くて蒸れてしまいますし、周囲から変わっていると見られてしまうこともあるため注意が必要です。判断する目安として、時期に加えて気温が10度前後になる頃が適切だといわれています。ちなみに、いつまで履けるかというと、一般的には3月頃が限界とされています。

そして、使わない期間はお手入れをしてから収納することが大切です。そうしないと、シワやシミが残ってしまうからです。保管方法としては、まず、靴の汚れを落とし、外側に防水スプレー、内側には除湿スプレーを使用し、日陰でよく乾かします。

しっかり乾いたら、ブーツの形が崩れないように中に新聞紙等を詰めておき、箱にブーツと乾燥剤を入れ、収納します。この時、購入時の箱を残していれば、それに入れることも可能です。保管場所は通気性が良く、日光の当たらない場所に保管しましょう。

長持ちさせるためのお手入れの知識

寒い冬にムートンブーツが人気の理由はその素材にあります。ムートンブーツは内側がボアになっており暖かく、履き心地が良いという特長から人気があります。

しかし、素材自体があまり強いものではないため、良いコンディションを保つためにはお手入れが必要になります。

まず、基本的なお手入れ方法として、ブラッシングがあります。これはホコリなど目には見えない汚れを落とす役割があり、専用のブラシを使い全体を軽くブラッシングします。頻度としては履き終えたら毎回行うことがベストです。

ブラッシングの後は、防水スプレーを使います。防水スプレーは撥水性を高めるだけではなく、汚れもつきにくくなるため、必ず行いましょう。使用時の注意点として、スプレーはブーツから離して使います。これはスプレーが近すぎるとシミができてしまう可能性があるからです。

次に、気になる臭いや濡れた時の対処法です。臭いがある場合、消臭スプレーを使い、よく乾かします。この時、丸洗いできるものもありますが、それはフェイクムートンであり、リアルムートンは丸洗いできませんので、行う際は洗濯表示を確認してから判断しましょう。

ムートンブーツが濡れた場合は、水で濡らし固く絞ったタオルを用意します。そのタオルでブーツ全体を軽くたたきながら汚れを拭き取ります。全体を拭き終わったら、日陰で自然乾燥させます。

しっかり乾いたらブラッシングし、防水スプレーを使用しましょう。もし、カビやシミなど目立つ汚れができた場合や、自分で対処できないような時は、クリーニングなどプロに依頼することをおすすめします。

close

タイプから探す

ブランドから探す

カテゴリから探す

色から探す

  • 選択なし
  • ホワイト
  • グレー
  • ブラック
  • オフホワイト
  • ブラウン
  • イエロー
  • グリーン
  • ネイビー
  • ブルー
  • パープル
  • レッド
  • ピンク
  • オレンジ
  • ゴールド
  • シルバー
  • その他

特徴から探す