キャンペーン&特集

夏は海や街で大活躍するサンダル

サンダルの良さ

夏の暑い季節になると需要が高まるのがサンダルです。サンダルは夏を快適に過ごすためのアイテムであり、ファッションアイテムとしても人気があります。人気となっている理由の一つに通気性の良さが挙げられます。

スニーカーのように全体が覆われている靴は熱がこもりやすく、靴下を履く必要があるため、汗をかきやすくなります。それに比べサンダルは通気性に優れており、はだしで履くこともできるため、蒸れやすい夏場でも快適に履くことが可能です。

さらに、足全体を覆わない見た目から涼しさを感じさせるデザインになっています。清涼感のあるデザインから夏のファッションアイテムとして活用されることも多く、女性からの人気が高いアイテムです。

足先が見えるのでネイルをすると足元の華やかさが増します。デザインは年々増えており、カジュアルなものも多く、女性だけではなく男性からの需要も高まっています。

手軽に履けることも特徴の一つです。例えばかかとがないデザインならすぐに脱ぐことも履くことも可能であり、ベランダや庭、近くに外出する時など手軽に使えます。

逆に固定できるタイプは脱げやすさをカバーし、長時間履ける作りになっているので、キャンプや海、水辺など活発に動くような場所でも使うことができます。

このように、サンダルは夏に欠かせないアイテムとなっています。実用性も高く、ファッションの幅も広がりますので、場面や用途に合わせて使い分けることで、サンダルの良さを楽しめるでしょう。

知っておきたいサンダル選びの方法

サンダル選びでは履きやすさが重要になります。安易にデザインやサイズだけを見て選んでしまうと、疲れやすかったり脱げやすいものを選んでしまったりすることもあります。

そのような事態を避けるためには、自分に合ったサンダルの選び方を知っておくことが求められます。

まず、はだしの状態でのサイズを測ります。これは、普段履いている靴のサイズが靴下を含めたサイズであることが多いためです。また、サイズには横幅が記載されている場合があるので、測る際は横幅も測っておきましょう。

そして、サイズは大きすぎるとサンダルと足の間に空洞が生まれて歩きにくくなり、小さいものは靴擦れや足の形をゆがめてしまう原因となるため、目安としては実際の足のサイズよりも0.5から1センチ程度余裕があるものを選ぶようにします。

サンダルを長時間履き続けていると汗をかいたりして、滑りやすくなります。そうすると、身体が無意識のうちにバランスをとろうとして身体に力が入り、疲れやすく、靴擦れなどの原因にもなります。

足の負担を軽減できるよう、ヒールのあるものを履く時は、甲の高さも測って適度な隙間のあるものを選びましょう。

土踏まずの部分も履いた時に足に合ったものを選ぶことが大切です。海や川などで使う場合は、足に馴染みやすく歩きやすい素材のラバータイプや、軽量で長時間履いても疲れにくい、耐水性や柔軟性もあるEVAが適しています。

足元は負担のかかりやすい部分です。特にサンダルは負担がかかりやすいため、いくつかのポイントを抑えておくことが必要です。デザインだけで判断するのではなく、自分の足に合うのか、使用頻度や場面に合っているかをよく考慮してから選ぶことをおすすめします。

サンダルを履いた時の正しい歩き方

サンダルは夏になると海、山などのアウトドアなどで履いたり、普段使いやおしゃれを楽しんだりするために履く機会が多くなりますが、歩き方について意識していない方もいるでしょう。

歩き方というのは重要であり、間違ったまま履いていると足に大きな負担をかけてしまいます。最悪の場合、足の形がゆがんだり痛みが引かなかったりするといった状態になるので、普段から歩き方には意識を向けておくことが大切です。

具体的には、まず姿勢を正すようにします。姿勢が猫背だと、足に負担がかかりやすく、見た目にも良くありません。

そこで、意識するポイントとして、目線を上げます。目線が下を向いていると身体が前に倒れてしまうため、歩く際は正面を見ることを意識します。

続いて、腰に意識を向けます。腰は可能な限りまっすぐの状態を保ちます。ただ、腹筋が弱いとその状態を維持することが難しくなります。おなかを引き締めることを意識しながら歩くことで、自然と腰がまっすぐになり、姿勢が良くなります。

また、ヒールがあるタイプの場合、ひざが曲がり姿勢が崩れやすくなります。太もも裏の筋肉を張り、足が曲がらないように意識しつつ、頭を上に引っ張られるようなイメージで身体を引き上げながら歩きます。

こういった点を意識するだけでも、足にかかる負担は大きく変わります。歩き方を改善すると負担を軽減できるだけではなく、姿勢が良くなることで、周りからの印象も変わってきます。

さらに長距離の移動の時はヒールの高いものではなく固定できるものを履くなど、普段から履くサンダルの使い分けも意識すると良いでしょう。

close

タイプから探す

ブランドから探す

カテゴリから探す

色から探す

  • 選択なし
  • ホワイト
  • グレー
  • ブラック
  • オフホワイト
  • ブラウン
  • イエロー
  • グリーン
  • ネイビー
  • ブルー
  • パープル
  • レッド
  • ピンク
  • オレンジ
  • ゴールド
  • シルバー
  • その他

特徴から探す