キャンペーン&特集

水濡れ対策のブーツはこれで決まり!】おしゃれなレインブーツの魅力を解説

水濡れ対策ならレインブーツがオススメ

履物にはさまざまな種類がありますが、中でもブーツは足を覆う面積が広く、保温性に優れているので、寒いシーズンにおいて利用している方がたくさんいます。

また、最近では機能性だけではなく、デザイン性にも優れているタイプが数多く登場してきており、ファッションセンスの高い方もチェックしていることが多くなっています。

さまざまな魅力を持つブーツですが、雨や雪などの悪天候下や、濡れた路面上で使用する場合は、水濡れ対策にも気を配る必要があります。この問題が気にかかる時は、レインブーツを使用するのがおすすめです。

レインブーツは撥水加工や防水加工など水濡れ対策が施されているので、履物が濡れても内部まで水が浸透するのを防止することができます。特に梅雨の時期には重宝するアイテムですが、それ以外の時期にも常備しておくと外出時に心強くなります。

レインブーツと言えば、以前は長靴の印象が強いデザインが主流だったものの、最近ではデザインのバリエーションも広がってきています。そのため、今は晴れているけれどこれから天気が崩れそうという時にも、周囲へ違和感を与えずに使用することができます。

レインブーツを購入するにあたっては、素材の選び方もチェックしておきたいポイントになります。主に塩化ビニールや天然皮革、合成皮革などの素材が使用されていますが、それぞれに機能性やデザインなどに違いがあるので、あらかじめ確認しておくようにしましょう。

レインブーツのさまざまな加工方法を解説

レインブーツには水濡れ対策が施されていますが、その加工方法には撥水や防水など複数のバリエーションがあります。

それぞれの加工方法によって水濡れ対策の強度やデザインのバリエーション、価格設定などが異なるため、事前に確認した上で、自分の適性や希望条件に合ったものを選択すると良いでしょう。

まず、撥水加工は生地にシリコン素材をコーティングすることで、水をはじく機能を持たせた加工方法です。

この加工を施したアイテムは通気性が保たれているので、レインブーツの中では比較的蒸れにくく、デザインの選択肢に関しても豊富に用意されています。

一方防水加工は水の浸入を防止するための加工方法で、普段の外出時において水濡れ対策をする場合に適しています。

一般的には3層構造となっており、外側と内側の生地の間に防水仕様のフィルムを挿入するという方法が採用されています。フィルムの使用量や水の浸入を防ぐ性能の高さによって値段も変わってくるので、自分に合ったものを選びましょう。

そして、防水加工の中でも完全防水加工は、その名の通り完全に水を通さない仕様となっています。例えば、ソールと上部の生地が一体化しているものは、縫い付けている場合と違って縫い目から水が浸入することがありません。

また、防水仕様のフィルムで全体を覆っているタイプの製品もあります。完全防水仕様のアイテムは、山登りやトレッキングなど、アウトドアでのアクティビティーを楽しむ場合に適しています。

レインブーツは丈の長さによって性能が変わる⁉

レインブーツは、防水加工以外に丈の長さによっても性能が変わってきます。丈の長さはショートとミドル、ロングの3種類に大別されます。

中でもショート丈は、生地がくるぶしより少し上まであり、足首が少し隠れる程度の丈です。ショート丈のアイテムは生地の分量が少ないため軽量である他、外見的にも軽快な印象で、脱ぎ履きがしやすいという魅力があります。

また、普通の靴に近い丈であるためにレインシューズに見えにくく、ファッション性に優れています。ただしミドル丈やロング丈のものと比較すると足を覆っている面積が狭いために、内部に水が浸入する可能性が高いという側面もあります。

ミドル丈はハーフと呼ばれることもありますが、ふくらはぎが半分ほど隠れる丈になります。そして、ロング丈は膝の下あたりまである丈です。丈が長いアイテムほど足を覆う部分が多いので、水の浸入を防止する性能も高くなります。

したがって、大雨や大雪の中を歩くのであればロング丈のものを選ぶのがおすすめです。また、スーパーロングと呼ばれる丈は生地が太ももの部分まであるので、さらに高い防水性能を発揮します。こちらは豪雨や豪雪地帯に住んでいる方も利用を検討すると良いでしょう。

レインブーツの購入にあたって疑問や不安がある場合には、このジャンルの商品を取り扱っているショップのサイトやパンフレットなどを通じて、情報を収集することも可能です。

自分で問題を解決することができない場合は、専門の業者にサポートを依頼するのも良いでしょう。

例えば、水濡れ対策の加工方法などについては、素人が外側から見ただけでは判断がつかない事柄もあります。そのような場合でも、その道のエキスパートに問い合わせや相談をすれば、専門的な視点で回答やアドバイスが得られます。

close

タイプから探す

ブランドから探す

カテゴリから探す

色から探す

  • 選択なし
  • ホワイト
  • グレー
  • ブラック
  • オフホワイト
  • ブラウン
  • イエロー
  • グリーン
  • ネイビー
  • ブルー
  • パープル
  • レッド
  • ピンク
  • オレンジ
  • ゴールド
  • シルバー
  • その他

特徴から探す