キャンペーン&特集

走れるパンプスには特徴がある

履きやすいパンプスの選び方

女性にとってパンプスは、ファッションや仕事靴として欠かせないアイテムです。それゆえに履く機会も多く、もし足に合うものを履いていないと、怪我をしたり足の骨を歪めてしまう恐れがあります。

そのため、ポイントを絞って慎重に選ばなければなりません。足に合ったパンプスであれば歩きやすいのはもちろん、長時間履いていても疲れにくく、急ぐ際には走れるパンプスとして活用することもできます。

まず、サイズはフィットするものを選びましょう。もし、サイズが合っていないと、足に余計な負荷がかかってしまい疲れやすい上、足を痛めやすくなります。試し履きする際は、捨て寸と呼ばれる足先と靴先の空間が1センチ前後あるかを見て、つま先の上部が足を圧迫しないかを確認します。どちらにも余裕がないと足を圧迫してしまい、痛みが生まれてしまいます。

また、むくみも考慮する必要があります。むくみは朝から夜にかけて徐々に大きくなるため、履く時間帯を想定した上で選ぶようにしましょう。

サイズが一緒でも、メーカーやブランド、素材によってサイズや履き心地など特徴は異なります。もし通販などで購入する場合は、一度実店舗で近い商品を試してみてから、購入することをおすすめします。

もし、選んだ後に違和感のある場合は、インソールを用意するとサイズ調整や衝撃吸収、滑り止めなどに効果があります。靴ずれの場合は、防止シートやスプレーなどで対処します。

パンプスにはカジュアルな商品も多く、まずデザインに惹かれる場合が多いでしょう。ただ、重要なのは快適に履けるかどうかであり、疲れにくい走れるパンプスなど機能的な面に注目することが重要です。選ぶ際はパンプスの特徴を捉えて、自分の足に合ったものを選ぶようにしましょう。

パンプスで走るために必要なチェック項目

特に朝の通勤時などにおいては、走れるパンプスであるかどうかは重要です。女性の仕事靴として必須であるパンプスですが、仕事中に時間に追われて走る必要に迫られることは少なくありません。

しかし、パンプスは走る用途で作られているわけではないため、適したものを履いていないと足に大きな負担をかけることになります。走れるパンプスと呼ばれるものには、いくつかの特徴が挙げられます。

まず、耐久性が重要になります。走る際は、歩くときと比べてパンプスに数倍の負荷がかかるため、丈夫な作りでないとすぐに駄目になってしまいます。そこで、踵のカーブラインのカウンターと、土踏まず部分のシャンクの耐久度を確認します。こうした内部の品質は重要であり耐久度に直結するため、選ぶ際はよく確認しましょう。

踵を支える芯の品質と、高さにも注目します。高さは、3センチから5センチ程度が適切です。この程度の高さであれば重心が少し前に向くため、前に力が入りやすく、走りやすさに繋がっています。

次に、ストラップの有無です。パンプスには、足とパンプスを固定するストラップが着いていないタイプが多いですが、選ぶ場合は附属しているものを選びましょう。ただ、後ろに止めるストラップの場合はパンプスと足がしっかりと固定されないため、甲の部分がしっかりと固定できるタイプを選びます。

クッション性も重要です。走る場合、足に大きな負担がかかるため足を痛めてしまいがちですが、足先や踵にクッションがあるものにすると、衝撃も和らぎ走りやすくなります。

パンプスで走る際に気を付けること

走れるパンプスだからといって、スニーカーを履いているときと同じように走るべきではありません。パンプスはヒールがある分歩き方にコツが必要であり、何も意識していないと、不格好な姿になります。

走る場合はなおさらでしょう。また、見た目だけではなく、正しくない歩き方は身体に大きな負担をかけることにも繋がります。

パンプスで歩く場合は、目線を高く保ち、重心は踵にかけることを意識します。そして、姿勢は上から引っ張られるような状態をイメージしながら伸ばし、その姿勢を保ちながら歩くようにします。

走る場合は、内側に重心を置くことを意識しながら、歩く場合と同様の姿勢を保ち、直線の上を走っているようなイメージを持ちます。

これらが意識できていれば、姿勢が傾き、だらしない印象になることはありません。また、重心が前に傾いてしまうことで足に負担がかかり、疲れやすいという悩みも改善されるでしょう。

靴底の減り方を見ると、自分の歩き方の特徴を知ることができます。たとえば、外側の減りが多い場合、外側に重心をかけがちであり、骨盤が歪みやすく、膝や腰に負担がかかりやすいと言えます。

一方、内側の場合は内側の側面や踵に負担がかかるため、その部分を怪我しやすく、外反母趾になることがあります。

パンプスを不自由なく履くために、歩き方を意識することは非常に重要です。自分の歩き方の特徴を把握し、改善していくことで疲れにくくなるでしょう。

close

タイプから探す

ブランドから探す

カテゴリから探す

色から探す

  • 選択なし
  • ホワイト
  • グレー
  • ブラック
  • オフホワイト
  • ブラウン
  • イエロー
  • グリーン
  • ネイビー
  • ブルー
  • パープル
  • レッド
  • ピンク
  • オレンジ
  • ゴールド
  • シルバー
  • その他

特徴から探す