キャンペーン&特集

パンプスを履くとなぜ靴擦れになってしまうのか

パンプスによる靴擦れの理由は二つ

洋服やバックに合わせたり、色もデザインも好んだりして購入したパンプスで、靴擦れを起こした経験がある人は多いです。歩きづらく、別の靴を購入せざるを得なくなった人もいるでしょう。

なぜ靴擦れになるのかの理由には、多く分けて2つあります。一つ目は、自分に合わない靴であるためです。靴は、自分の足に対し大きすぎても小さすぎてもいけません。大きい場合は、足が前にずれ込みます。

そして、指が靴のつま先部分に押しやられ、靴によくあたる親指や小指などに起こしやすいのです。靴は少し余裕のある状態が望ましいですが、小さめの場合は余裕がないので、かかとなどに起こします。

もう一つの理由は、靴と足の形が合っていない場合です。サイズは間違っていないはずなのに痛いというケースが多いです。自分の足の形や、どの靴のデザインが自分の足に合うのかを分かっている人は意外といません。

パンプスにはデザインがたくさんあり、他の靴と比べ履いて歩行中に痛みを感じることが多いです。もっとも多いのは、足の幅と靴の幅が合っていないケースです。素材が革であれば、しばらく履いていると痛みを感じなくなる場合もあります。

それは、革がのびるなどで足の形に靴が馴染んできたからです。しかし、痛みがなくなるまで履き続けるのはつらいものです。場合によっては、いつまで履き続けても痛みが消えないので、結局は靴箱に入れたまま履かなくなるケースに陥ることも考えられます。

パンプス選びのポイント

自分に適したパンプスを購入するために、まずはサイズと幅を正しく測って、自分の足の形状を知る必要があります。

サイズは足のかかとから一番長い指先までの長さを表し、大抵の人は今まで履いてきたサイズと変わりないです。幅は足の親指と小指の付け根を一周させて測ると分かります。

Eが基準となって、幅が広くなるにつれて2E、3Eとなり、狭くなるにつれてDとなります。自分にはEが適しているのか2Eが適しているのかは、Webなどにサイズと幅の長さの表が掲載されているので、参考にしながら購入すると良いです。
いつも片方の足ばかりに発生するのならば、左右で大きさが違う可能性が高いです。

歩くときの姿勢や体重のかけ方などが足の大きさに影響するため、左右で足の大きさが異なるのはよくあります。そのときは大きい足のサイズに合わせて購入し、小さい足の靴に中敷きなどを入れて、大きさを調整してから履きます。

靴のサイズは間違いないのに、なぜかつま先に靴擦れが起きる場合は、靴のデザインを注視します。つま先の形によっても、合う形は異なります。親指が一番長いエジプト型、人さし指が一番長いギリシャ型、足の指の長さがほぼ同じ、スクエア型の3つのタイプがあります。

エジプト型の人は、バランスよく体重をかけられる、つま先が緩やかなカーブを描いている靴の形が合います。ギリシャ型の人は、三角形のとがったつま先の形なら人さし指付近に余裕ができます。

ところが、ピッタリしたタイプは人さし指に体重がかかりやすく、人差し指付近が靴擦れを起こします。スクエア型の人は、親指から小指までのつま先が一直線で、ゆったりした形が良いです。逆に、つま先の細いタイプを選ぶと指が窮屈な状態となり、擦れやすく靴擦れが発生しやすいです。

靴擦れを防ぐには

定番ですが、絆創膏の活用が靴擦れの発生防止に役立ちます。絆創膏を靴が当たる部分に貼ります。特に夏は汗により貼った位置が歩行中にずれるので、時々ずれていないかのチェックも大切です。

それでも靴擦れする場合は、足側だけではなく靴側にも貼ってみましょう。最近は靴屋さんやドラッグストアで専用の絆創膏も売っているので、それを活用してみるのも良いです。ただし、貼りっぱなしは不衛生で、かぶれや臭いのもとともなるので、一回使用したら必ず捨てます。

インソールも効果的です。インソールにはさまざまタイプがあり、靴のデザインや足の形によって選ぶことができます。少し大きめなら靴の中全体に敷くインソールが良いですが、前に滑るのを防ぐタイプやかかとの高さを上げるタイプもあります。

靴擦れになりそうな部分に固形石けんを塗っておくのもおすすめです。石けんを塗ることで摩擦の発生を防げます。その上からストッキングを履くとさらに効果が得られますが、足裏に塗ると足が滑るので止めましょう。石けん以外にワセリンやベビーパウダーでも同様の効果があります。

買ったばかりで靴がキツイ場合は、シューズストレッチャーを使うのも良い方法です。靴の中に入れておけば柔らかくなり幅や長さを広げて、足にあたる部分を少なくできます。パンプスやヒールのない靴など、デザインによって適しているものがあるので、それぞれに合わせて使用してください。

なぜ靴擦れしたのか、きちんと原因を把握し、それに合った対処法の実践が肝要です。

close

タイプから探す

ブランドから探す

カテゴリから探す

色から探す

  • 選択なし
  • ホワイト
  • グレー
  • ブラック
  • オフホワイト
  • ブラウン
  • イエロー
  • グリーン
  • ネイビー
  • ブルー
  • パープル
  • レッド
  • ピンク
  • オレンジ
  • ゴールド
  • シルバー
  • その他

特徴から探す