キャンペーン&特集

パンプスを履くと痛い場合の対処方法

自分の足に合ったパンプスを選ぶ重要性

パンプスを履くと痛い場合の対処方法

靴の中でもパンプスは色やデザイン、形の種類が豊富であり、様々なシーンにおいて着用することができます。しかし足の形は人によってそれぞれ異なりますし、着用する環境や歩き方の癖もまちまちです。

そのため、ジャストフィットする一足を見つけるのは難しい場合もあります。自分の足に合わないパンプスを履き続けた結果、痛みが生じるケースもあるので、適切なものを選べるようポイントを頭に入れておきましょう。

パンプスを履いていて痛いと感じるようになったら、いくつかの原因が考えられます。まずサイズが合っていないことです。パンプスを履いている時、つま先には1.5cmほどのゆとりが必要です。

足長のサイズだけでなく、足囲のワイズが合っていないケースもよくあります。日本人は比較的足の幅が広く甲が低めなので、海外製のタイプを履くと幅がきつくなりがちです。サイズとワイズを合わせるためには、事前にきちんと計測をすることが欠かせません。

次に、使われている素材が硬ければ痛みを感じやすくなります。頑丈な素材が用いられていると美しい形を維持できますが、その反面足に馴染みにくく、内部の空間で前滑りが起きます。

こうなるとつま先へ荷重が集中し、負荷がかかります。他にも歩く時の姿勢が良くなかったり、体重のかけ方が正しくなかったりすることも痛みの原因として挙げられます。

痛い思いを我慢しながらパンプスを履き続けると、靴擦れや魚の目、タコなどができ、治療が必要となります。

さらに症状が重くなれば、腫れや変形が見られるようになり、神経病の一種であるモートン病に陥る可能性もあります。軽い痛みだからと侮らず、長時間履いても疲れにくい一足に切り替えるようにしましょう。

自分の足について知る

痛い思いを我慢せずに済む、快適な履き心地のパンプスを選ぶためには、まず自分の足についてよく知っておくのがコツです。足先の形はどうなっているか、サイズとワイズはどのくらいの長さかなどをチェックしましょう。

足先の形はエジプト型、ギリシャ型、スクエア型に大別されます。親指が最も長ければエジプト型、人差し指が長く足先のラインがとがった形であればギリシャ型、長さが均一ならスクエア型となります。

足先の形によって履きやすいパンプスは異なり、エジプト型の人は先端が丸みを帯びたフォルムのもの、ギリシャ型の人は先端がとがったもの、スクエア型の人は先端が広い形のものを選ぶと、つま先に負荷がかかりません。

サイズとワイズは自宅で手軽に計測することができます。サイズを測る時にはA4のコピー用紙とペン、定規を用意し、垂直に交わる直線を書きます。平らな場所に作画した用紙を敷いたら、その上にまっすぐ立ち、かかとの出っ張った部分から一番長い足指までの長さを垂直に測ります。

この時家族や友人に助けてもらいながら測るとより正確に値を確かめられますし、測定時に支えてもらえば転倒して怪我をするリスクを減らせます。

ワイズはメジャーを用いて、足の周囲が最も長くなるところを計測します。双方の値が得られたら、インターネットなどでサイズ表を確かめ、数値を照らし合わせます。

サイズとワイズを測る時には、パンプスを履く際に着用する予定の靴下やストッキングを履いておくのがポイントです。パンプスの購入先は、サイズ展開が豊富でつま先の形もバリエーションに富んでいるところを選ぶと良いでしょう。

痛みを軽減する方法

パンプスを購入したものの履いている時に痛いと感じる場合は、歩き方を変えたり、多様なアイテムを使用したりすると改善を図ることができます。

パンプスを履いて歩く時には、膝を伸ばしてなるべく小股で歩くようにしましょう。背骨を曲げず、あごを軽く引いて目線を上方に保つと姿勢が良くなります。
姿勢を正して歩いても痛みを感じるなら、中敷やクッションを使用します。

足裏全体を支えるものやつま先部分だけを補佐するものがあるので、痛みを感じる箇所に合わせて敷くのがおすすめです。特に形を維持しやすい中敷だとより効果が長持ちします。

また、透明タイプを選択すると脱いだ後も目立ちません。中敷やクッションは汚れたら取り替えることが可能で、抗菌や防臭機能を備えているタイプも販売されているため、衛生的に使用することができます。化粧パフやティッシュ、絆創膏なども応急的なクッションとして役立ちます。

パンプスが小さくて痛みを感じる場合は、専用のシューストレッチャーを使うかドライヤーで温める方法が有効です。つま先部分だけ広げることができるポイントストレッチャーを使用すれば、先端部分だけ伸ばせます。

ドライヤーで温める際には生地が傷まないよう、少し離した位置から全体を満遍なく温めるのがポイントです。もし使われている素材が革なら、革用クリームを使うと塗るだけで柔らかくなります。

そして、足の痛みを軽減するためには、こまめにストレッチやマッサージをすることも大切です。アキレス腱を伸ばす、指先を曲げたり伸ばしたりする、土踏まずを揉むなどして足を労わるようにしましょう。

close

タイプから探す

ブランドから探す

カテゴリから探す

色から探す

  • 選択なし
  • ホワイト
  • グレー
  • ブラック
  • オフホワイト
  • ブラウン
  • イエロー
  • グリーン
  • ネイビー
  • ブルー
  • パープル
  • レッド
  • ピンク
  • オレンジ
  • ゴールド
  • シルバー
  • その他

特徴から探す