キャンペーン&特集

ヒールやパンプスを履いても痛くならない方法・疲れないようにする対策解説!

ヒールやパンプスを履いても痛くならない方法・疲れないようにする対策解説!

スタイルアップや女性らしいファッションに欠かせないヒールやパンプス。女性には欠かせないアイテムである一方で、ヒールやパンプスは足が痛くなりやすく、履くと疲れてしまうと感じている女性は少なくありません。

実際、マイナビが社会人向けに行ったアンケートでは、パンプスを履いて足を痛めたことがある女性は70%にものぼります。

今回は、ヒールやパンプスを履いても足が痛くならず疲れにくくなる方法について解説していきます。
どれも簡単なものばかりなので、ぜひ試してみてくださいね。

ヒールやパンプスで足が痛くなる理由

そもそも、どうしてヒールやパンプスを履くと足が痛くなったり疲れたりしてしまうのでしょうか。まずは、その理由についてみていきましょう。

サイズや形が合っていない靴を履いている

靴のサイズはメーカーに寄って若干差があり、デザインによっても横幅や甲の高さが違ってきます。そのため、いつも買っているサイズであっても、実際に履いてみるとサイズが合っていないことも少なくはありません。

ヒールやパンプスを購入するときは正しいサイズを選び、足を締め付けないものを選ぶようにしましょう。

外反母趾になっている

外反母趾とは、親指の付け根が腫れたり変形して外に飛び出している足の形のことです。つま先が細くなっているデザインのヒールや、ハイヒールでつま先が靴の先部分に押し付けられることで外反母趾になり、指の付け根が痛くなることがあります。

また、土踏まずがなくなり足の裏が平らになる扁平足になると、足が疲れやすくなり、ヒールやパンプスを履きにくくなります。

素材が硬い

ヒールやパンプスが痛いと感じるときは、もしかしたら靴の素材が硬いからかもしれません。ヒールやパンプスの素材としてはエナメルやレザーが使用されることが多いため、伸びにくく足を締め付けてしまうことがあります。

ある程度履いて靴が足の形になじむと、痛みが軽減することがあります。

ヒールやパンプスを履いても痛くならない・疲れにくい対策法

ここからは、ヒールやパンプスを履いても痛くなりにくく疲れにくい対策法についてご紹介していきます。

自分にあった靴を履く

いちばん大切なのは、自分の足にあった靴を選ぶことです。痛くなりにくいヒールやパンプスを選ぶ際は、以下の要素を意識してみてください。

  1. ヒールが高すぎない(6cm以内が理想的)
  2. 素材が柔らかく、足を締め付けない
  3. 履いたとき、つま先に1.5cmくらい余裕ができる
  4. ヒールが太く、グラつかない
  5. ストーム(つま先付近の靴底)がある

試着をするときは必ず両足で履き、少し歩いて違和感がないかをしっかりとチェックするようにしてくださいね。

ヒールやパンプス専用のアイテムを使う

「ハイヒールでつま先が滑っていたい」「かかとがカパカパ動いて痛い」という場合は、ヒールやパンプス専用のアイテムを活用しましょう。つま先の滑り止めや靴を固定するストラップ、インソールなどの活用でつま先や足の裏の痛みを軽減することができます。

最近は靴ずれ防止アイテムが100円ショップでも購入できるので、ご自身の悩みに合ったアイテムを試してみてください。

正しい歩き方をする

ヒールやパンプスを履いても痛くならない方法・疲れないようにする対策解説

普段から前傾姿勢の人はつま先が靴に押し付けられるため、ハイヒールなどを履くと足を痛めてしまうことがあります。歩き方や姿勢を正すことで、ヒールやパンプスの傷みが軽減するかもしれません。

1. 頭からお尻を真っ直ぐにするイメージで立つ
2. つま先を上げずに一歩踏み出し、つま先からおろして足を地面につける
3. 前足の親指側に重心を移動させ、前膝を伸ばすことを意識する
4. つま先を上げずに後ろ足を上げ、つま先から下ろす

足の痛みを防止するだけではなく、見た目も美しくしてくれる歩き方です。長時間歩いても足が痛くなりにくくなるため、日頃から意識して正しい歩き方を習慣化しましょう。

靴下やストッキングを着用する

素足でヒールやパンプスを履くと、足と靴が擦れて靴擦れを引き起こしてしまいます。靴下やストッキングで皮膚を保護し、クッション性を高めることで傷みを軽減することが可能です。

もっともいいのは厚みがある靴下でしっかりと足を保護することですが、薄手のストッキングでも十分に効果があります。

ドライヤーで素材を柔らかくする

靴が固くて痛くなってしまうときは、ドライヤーで素材を少し柔らかくすることとをおすすめします。実際に靴を履いてドライヤーの熱風を当てると、素材が柔らかくなって足になじみやすくなります。

ただし、素材を劣化させてしまうこともあります。靴が温まったらすぐに熱風を当てるのをやめるようにしましょう。

ストレッチやマッサージをする

長時間ヒールやパンプスを履いていると、どうしても足が圧迫されて血行が悪くなりむくみが生じてしまいます。定期的にストレッチやマッサージを行い、血流を促してあげましょう。

トイレに行くときや休憩時間に靴を脱ぎ、足首を回したりつま先を上下に動かすだけでも血行は促進されます。余裕があるときはふくらはぎを下から上にもみほぐし、むくみを軽減してあげるようにしてください。

正しい対策でヒールやパンプスの痛みから開放されよう!

靴の選び方や専用のアイテムの使用など、ちょっとした工夫でヒールやパンプスの痛みは軽減します。「ヒールの高い靴は疲れるから苦手」という方も、今回ご紹介した方法を試してみてくださいね。

マーレマーレオンラインストアでは、長時間履きやすく足が疲れにくいパンプスを多数取り扱っております。「ハイヒールが苦手」「パンプスでつま先が痛くなる」というお悩みをお持ちの方も、ぜひ一度マーレマーレオンラインストアにお越しください。

close

タイプから探す

ブランドから探す

カテゴリから探す

色から探す

  • 選択なし
  • ホワイト
  • グレー
  • ブラック
  • オフホワイト
  • ブラウン
  • イエロー
  • グリーン
  • ネイビー
  • ブルー
  • パープル
  • レッド
  • ピンク
  • オレンジ
  • ゴールド
  • シルバー
  • その他

特徴から探す