キャンペーン&特集

歩きやすい厚底サンダルの特徴と選び方を解説

スタイル良く見せてくれる夏の足元の定番といえば厚底サンダルでしょう。

さまざまなデザインの厚底サンダルがあるので、カジュアルにもフェミニンにも合わせることができる優秀アイテムですが、気になるのが「歩きやすいかどうか」ではないでしょうか。

そこで今回は歩きやすい厚底サンダルの特徴と選び方を徹底解説します。

見た目だけでなく、機能性にも優れた厚底サンダルを履いて、夏のおしゃれを快適に楽しみましょう。

歩きやすい厚底サンダルの特徴を紹介

まずは歩きやすい厚底サンダルの特徴をチェックしていきましょう。

後ほど選び方も解説しますが、この特徴を押さえておくことがとても重要です。

1. サンダルが軽量

厚底サンダルを履いて、友達とお買い物や恋人とデートに出かける人も多いのではないでしょうか。

そうなると、長時間歩く可能性が高くなるでしょう。とくに移動が電車やバスが多いなら、厚底サンダルを履いて歩く時間が長くなります。

そんな人でもサンダル自体が軽量の厚底サンダルなら、足に大きな負担をかけずに歩けます。厚底サンダルはソール部分が大きいので、他のサンダルと比べるとどうしても重くなりがちです。

実際に持ったときにずっしりと感じるようなサンダルだと、歩けば歩くほど疲れてきます。

2. つま先とかかとの差が大きすぎない

厚底サンダルのなかには、つま先からかかとまでがフラットなものもあれば、つま先とかかとの高さの差がかなり大きなものまでさまざまなデザインがあります。

つま先とかかとの高さに差があるものは、足をすらっと長く見せてくれるのですが、歩きやすさを重視するならフラットかあまり差がないものがおすすめです。

歩きやすさだけを徹底重視するなら、フラットで底の厚さが4cm前後のものがよいです。

厚底というだけで脚長効果は狙えるので、歩きやすさを重視するときは爪先とかかとの差も重視してみましょう。

3. 足首が固定できる

厚底サンダルに限ったことではないのですが、足首を固定しないサンダルと固定するサンダルでは圧倒的に後者の方が歩きやすいです。つまり、ストラップのあるサンダルを選ぶと良いでしょう。

サンダルはメーカーやブランドによってサイズが微妙に異なるので、足にぴったりなサイズを見つけるのが難しい場合もあります。

そんな場合でも足首が固定できているなら安定するので、長時間でも歩きやすくなりますよ。そんな場合でもストラップで足首が固定できているなら安定するので、長時間でも歩きやすくなりますよ。

4. ソールにクッション性がある

ここまでの条件をクリアしている厚底サンダルでも、ソールが硬くて衝撃を吸収してくれないと、足にダイレクトに負担がくるのですぐに疲れてしまいます。

歩きやすい厚底サンダルはソールにクッション性があって、足への負担を軽減してくれます。

どうしても履きたいサンダルがあって、そのサンダルのソールが硬い場合は、サンダルに使えるインソールを使った方がよいでしょう。

厚底サンダルの選ぶ際の3つのポイント

厚底サンダルを選ぶときは、歩きやすさはもちろん、見た目のオシャレさや好み、テイストなどを考えて選ぶ必要があるでしょう。

ここでは、厚底サンダルを選ぶときのポイントを3つ紹介します。

1. 歩きやすい厚底サンダルの特徴をクリアしているか

先ほど歩きやすい厚底サンダルの特徴を4つ紹介しました。

どんなにオシャレな厚底サンダルでも、これをクリアしていなければ「履くのが苦痛になってなかなか出番がない」ということにもなりかねません。

普段の移動が車で歩く機会がほとんどない場合は、特徴をすべてクリアしていなくてもいいかもしれませんが、しっかり歩く場合は前章で紹介した特徴をしっかり意識してサンダル選びをしてみてください。

ネットで購入するときは、サンダルの重量やつま先とかかとの差、ソールの素材などもきちんとチェックして購入すると失敗が少なくて済むでしょう。

2. サイズ表記はcmまで確認する

メーカーやブランドによっては厚底サンダルのサイズをS・M・Lで表記している場合があります。

ある程度目安にはなるのですが、微妙な差があるので、購入するときはcmまでしっかり確認しておいたほうが安心です。

3. 履きたい場面やファッションのテイストで選ぶ

ただ歩きやすいだけの厚底サンダルを購入しても、TPOや普段のファッションに合っていないと履きこなすことは難しいでしょう。

どんなシーンで履きたいのかを考えたり、ご自身のファッションにはどのデザインが合うのかを考えることも重要です。

大人っぽさやフェミニンな魅力を演出したいなら7cm以上、可愛さをキープしたいなら5cm以上、いつでも履いてたくさん歩きたいなら3cm以上を参考に選んでみてください。

素材も麻・木・ウレタンなどさまざまで、デザインによって全く印象が変わります。

ご自身に合うデザインを見つけてください。

歩きやすい厚底サンダルなら長時間歩き回っても楽ちん

厚底サンダル=疲れそうというイメージがあるかもしれませんが、デザインによっては厚底の部分が地面からの衝撃を抑えてくれるので普通のサンダルより歩きやすいこともあります。

歩きやすい厚底サンダルを探しているなら、今回紹介した4つの特徴や選び方を参考にして、ピッタリの一足を見つけてください。

close

タイプから探す

ブランドから探す

カテゴリから探す

色から探す

  • 選択なし
  • ホワイト
  • グレー
  • ブラック
  • オフホワイト
  • ブラウン
  • イエロー
  • グリーン
  • ネイビー
  • ブルー
  • パープル
  • レッド
  • ピンク
  • オレンジ
  • ゴールド
  • シルバー
  • その他

特徴から探す